発達障害天才ピアニスト野田あすかの別人の顔(オレ二重人格と思った)

Pocket

発達障害の天才ピアニスト

 

 

発達障害でいながら天才ピアニスト

『野田あすかさん(34才)』の

ドキュメンタリー番組を拝見しました。

 

 

 

彼女は、その時々の感情を即興で演奏します。

 

 

ピアノとコミュニケーションをとっているかのように。

 

 

豊かな感受性と、瞬時に心の内を

演奏してしまう技術力は

天才と呼ぶほかありません。

 

 

 

彼女が奏でるピアノの音色は聴く人の心を打ち、

抑揚の効いた『野田あすかさん』の世界に涙する。

 

 

そうやって観衆の深層意識にはたらきかけ、

心を根底から揺さぶるのです。

 

 

 

演奏した本人といえば、

自分の音色に満足し、

無邪気に手を叩いている。

 

 

その場で起立して観客に深々と

お辞儀をするわけではない。

 

 

 

上手く弾けちゃったわね、

と言わんばかりにピアノの前の椅子で、

上体をくねらせて嬉しさを堪能している。

 

 

 

「あと一本指があったら、この場面で、

もう一つ音を加えたかったの。

でも指は全部で10本だから」

とのコメント。

 

 

この発想は天才としかおもえませんよね。

 

 

ドヤ顔でもなく、自信満々でもなく、

はにかみでもなく、

ただ素直に音楽を楽しんでる。

 

 

まるで子供帰りしたようなのです。

 

          【広告】

 

演奏だけを観た視聴者は、

ここで初めて彼女が発達障害

であると気付くのでしょう。

 

 

失礼を承知で言わせて貰うなら、

演奏後の彼女の仕草を見て初めて、

「ああ、これが発達障害なのか」

と現実に立ち戻るのです。

 

 

 

「すばらしい演奏をありがとう」と同時に、

あすかさんの普段の生活ぶりを案じてしまうのです。

 

 

 

 部屋を片付けられない芸能人(ごみ屋敷)や、

先日発達障害をカミングアウトした

栗原類さんとは明らかに異なるタイプなのです。

 

 

 

一人暮らしはとても無理。

 

 

34歳の成人にはとても見えないのです。

 

脳の機能の大半をピアノ演奏が占拠している。

 

 

それほど重症な発達障害に映ったのです。

 

本物の天才なのだから、

音楽以外の脳が機能しなくても仕方ないのか、と。

 

 

 

音楽のためだけのピアノ脳。

 

そんなふうに思えたのです。

 

 

まったく別人の顔

 

ところが、とんでもなく大きな間違いでした。

 

全くの早とちりでした。

 

 

今でこそやめてしまったとの事でしたが、

暫く前は近所の子供たちにピアノを教えていたのです。

 

 

読者の皆さんは、こう思われるのではないですか?

 

「発達障害のピアノ教師ねえ。

どうせ子供らとじゃれ合いながら

ピアノレッスンの名のもとで、

『音楽を楽しむ会』を開催しているだけなのでは?」

 

 

天才が本能の赴くままに鍵盤の上で

指を躍らせるのと、

ピアノを基礎から理論立て教えるのは別ものなのだ、と。

 

 

 

ところがピアノを教えるときの『あすかさん』

の様子を見てゾクッと鳥肌が立ちました(いい意味ですが)。

 

 

 

 

演奏を終えて体をくねらせながら

無邪気に手を叩く野田あすかさんとは全く別人なのです。

 

 

子供っぽい仕草はみじんもなし。

 

 

発達障害の片りんなどどこにもないのです。

 

 

レッスン用テキストのページを指定して、

子供に弾かせてきちっと指導しているのです。

 

 

生徒の横について、子

供の手の動きをしっかりと見据えています。

 

 

学校の先生、塾の先生と1ミリも違わない。

 

 

100%成人した一人前の先生(悪く聞こえたらゴメンナサイ)です。

 

 

面白半分、遊び半分の授業などでは全くないのです。

 

       【広告】

ワタシは野田あすかさんの

プロフィールをあわてて検索しました。

 

 

 

二重人格

 

広汎性発達障害であることは

知っていましたが、

もしやと思ったのは解離性同一障害です。

 

 

つまり二重人格ではないのかと。

 

『あすかさん』の場合、

もっとも目を引くのが、

平素の様子とピアノを弾いている

ときの様子の違いが、

そう思わせるのです。

 

 

 

しかし、ピアノを弾く前の『あすかさん』と、

ピアノを弾いている『あすかさん』が

別々の人格であるはずはありません。

 

 

超一流のピアニストのリサイタルかと思いきや、

演奏が終わった瞬間にあすかさんの様子に異変を感じます。

 

 

 

これが発達障害なのかと痛感するのです。

 

 

 解離性同一障害の患者で、

内在している別々の人格どうしが

コミュニケーションをとることは

治療の途中の段階であることは、

あるのですが。

 

 

 

「今の気持ちを曲にしてみて!」とお願いすると、

一瞬考えて即、弾き始めます。

 

 

考えて弾いているのではなく、

気持ちがそのまま指先に伝わって

鍵盤の上を走り出す。

 

 

物憂げな気持ちの曲をお願いしたつもりが、

段々と元気な曲に変わっていく。

 

 

本人曰く、物憂げよりも元気なほうが好きだからと。

 

 

人格交代などしている様子は全くありません。

 

 

ピアノレッスンに話しを戻します。

 

 

大江光さん(大江健三郎さんの息子さん)が、

ピアノの前では天才作曲家かつ天才ピアニスト

であるものの、知的障害であるのは紛れもない事実。

 

 

『あすかさん』もピアノの前では天才であるが、

演奏が終えると即、子供帰りしてしまう。

 

 

 

でも、もう一つ全く別の顔がありました。

 

 

子供にピアノのレッスンを施している光景は、

まさにもう一人の『あすかさん』なのです。

 

 

 

野田あすかさんが、広汎性発達障害と

健常者の二重人格とは考られません。

 

 

 

だとすると、ピアノを教えているときだけは、

発達障害として普段機能しない脳の部位が

働いているという事ではないのかと思えるのです。

 

 

 

普段は見られることのない大人の口調、

指導者としての毅然とした物腰が顔を見せるのです。

 

 

ピアノを媒体として他者に接するときにだけ、

発達障害として眠っている脳の部位に

スイッチが入るかのようです。

 

 

 

脳内伝達物質が眠れる脳の部位に

働きかけるのでしょうか。

 

 


どうやったら広汎性発達障害の

患者のスイッチを押す事ができるのでしょうか。

 

凄い場面を見せてもらったと感じました。

 

この、もう一つ顔をヒントに治療に役立てられないものか?

 

 


非定形型うつ病の、鬱状態と

平常状態の入れ替わりにも、

どこか近いものを感じるのです。

 

 

問題は、ピアノレッスンの後、

『あすかさん』は酷い疲労に陥るのだそうです。

 

      【広告】

関連ブログ

 脳が求める刺激:保守派の水戸黄門~サイコ・シックスセンスのマジか組

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*