【砂の塔】ハーメルン事件のファイナルアンサー・これで終わり

Pocket

【砂の塔】が次回で最終回を迎えます。
視聴率も、ここにきて急上昇で、ハーメルン事件の犯人がいったい誰なのか、注目を集めているようですね。

階段で、一樹の後頭部を叩いたフードを被った奴は誰?? 

ハイ、ファイナルアンサーは?と締め切り期限を突きつけられている雰囲気になってくるのです。

これまでの流れから推測すると、人身売買の阿相社長がフードの人物と思えるのです。
が、フードを引き剥がすと、女が現われ唖然とさせるというアルアルパターン。
和樹が殴られたあの場所は階段だったからフードの人物の背丈がはっきりしない。

フードの人物を女だと仮定すると、ハーバード卒と嘘をついていた女か、浮気現場の写真を撮られたホラン千秋あたり。
ハーバード卒でないことを弓子が盗撮で見破り、黙っている事の引き換えに、弓子に手伝わされていたと考えるとそれなりに落ち着きますね。

    【広告】

【ファイナルアンサー】
弓子は、家庭や学校で迫害されている子供らをひそかに連れ出し、海外の擁護施設で育てている。
刑事の息子もその一人で、亡くなったわけではなかったのです。
刑事は、息子を誘拐され、弓子の犯行とめぼしをつけながらも、しっぽを掴めなかった。しかし再び現れた弓子の挙動をしっかりと追い続ける。

誘拐した子供らを海外の擁護施設に送り届けるのが、阿相社長の役割です。
銀座のクラブで弓子に人身売買を知られ、その口止め料として子供らを海外に送り届けている。

菅野美穂を諦め、海外へと旅にでた岩ちゃんが図らずも、擁護施設を発見する。
そこには子供らに囲まれた笑顔の弓子の姿があったのです。

 

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*