異常犯罪が観たい|高度に発達した知能が残酷な心の闇を求めている

Pocket

異常犯罪が観たい

 

ホラー映画が無性に観たくなる事ありせんか?

なぜ、異常犯罪なんかが観たいのかと人間性を疑われるかもしれませんね。高度に発達した知能が、強烈に残酷な刺激を求めているのかもしれません。

 誰の腹の底にもマゾヒスティック行為を覗き観たいという好奇心があるのです。

誰にでも心の闇があって、脳がそれを確認したがっているわけです。
 
  
アクション系やスリラー系も面白いのですが、脳は心の闇をえぐるような異常犯罪のホラー映画を欲してるのです。

  悪魔、幽霊、ゾンビでなく、大竹しのぶ主演の『黒い家』みたいな生々しいやつが。

 人間は、高度に発達した知能がある故に、要らぬ好奇心を抱くのでしょう。

 

人間の恐ろしさ・残酷さを描いた異常犯罪を求め、ぞき見したくなるのです。

リンちゃん殺しの渋谷恭正はロリコン&自己愛性人格障害の、正真正銘の異常者ですね。
PTA会長を務めることで自己愛を保ち、一方で幼い女の子への異常な性的興味です。

 

犯人は心の闇に支配された生身の人間

 

 脳が共感するのは、心の闇に支配された生身の人間なのです。犯罪に手を染めないまでも、いかがわしい、はしたない行為を妄想するのを知っているのは自分自身。

その延長線上にまでのめり込んでしまつた哀れな人間を見てみたいのかもしれません。

 例えば、こんな犯罪者の顔を無性に見てみたくなるわけなのです。いったい、どんな奴がこんなにも残酷な犯罪にのめるこむのだろうか?と。


被害者は、誘拐されたのち数年間にわたり監禁され、ドラック漬けにされてコンクリート詰めにされて殺された。

警察は殺害の手口や、現場検証からプロファイリングで犯人像を浮き彫りにしようとする。 過去の犯罪記録から同様の手口を潰し込み、ようやく20年前の異常犯罪事件に遭遇する。 

その事件とは、神戸連続児童殺傷事件だったと。
犯行当時、未成年だった犯人は精神病院系の施設で更生プログラムを受け、既に社会復帰しているのだが、、、、みたいなのが犯人。

あの酒鬼薔薇聖斗に関しては警察もマスコミもガチガチに マークしているじゃないですか。 

その網の目をくぐってまで異常犯罪に引き寄せられる心の闇みたいな。

 殺人依存症ってあるじゃないですか。殺さずにはいられない。

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*