異常犯罪、ひた隠しにしていた心の闇とホラーチックにうずく時

Pocket

ホラー映画が無性に観たくなる事ありせんか?

 

脳が刺激を求めているように思えるのです。

 

人間の腹の底にある残酷さみたいのが観たくなるのです。

 

 

心の闇がホラーチックにうずくのです。

 

  
  アクション系やスリラー系も面白いのですが、

心の闇をえぐり出したようなホラー映画が観たい。

 

 

それも悪魔、幽霊、ゾンビでなく、

大竹しのぶ主演の『黒い家』みたいな生々しいやるが。

 

 

人間は、高度知能が発達した故に、

要らぬ好奇心を抱くのでしょう。

 

 

人間の恐ろしさ・残酷さをぞき見したくなるのです。 

 

 

犯人は当然生身の人間じゃないといけない。

 

犯人はむごたらしい異常犯罪をを繰り返す。

 

 

警察は殺害の手口や、

現場検証からプロファイリングで

犯人像を浮き彫りにしようとする。

 

 

 

過去の犯罪記録から同様の手口を潰し込み、

ようやく20年前の事件に遭遇する。 

 

 

その事件とは、神戸連続児童殺傷事件。

 

 

犯行当時、未成年だった犯人は精神病院系の

施設で更生プログラムを受け、

既に社会復帰しているのだが、、、、みたいのが観たいのです。

 

 

 

あの酒鬼薔薇に関しては警察もマスコミも

ガチガチに マークしているじゃないですか。 

 

 

その網の目をくぐってまで犯行に及ぶ心の闇みたいな。

 

 

ちょっと出来過ぎですかね。

     【広告】

こんなのはどうでしょう?

 

犯行後の声明文が発表された。

 

 

それによると殺害された被害者の身体の一部が、

都内一流ホテルのレストランに食材と一緒に納入され、

すでにレストラの肉料理に使用されていた。

 

 

犯人の自己顕示欲、

半端じゃないですよね。

 

 

これも一種の「心の闇」なんです。

 

 

何が原因でそんな深い傷を心に

抱え込んでしまったのか知りたくなります。

 

 

犯人は、声明文を出すだけじゃ物足りなくて、

被害者の身体の一部をレストランの食材に加えた。

 

 

  どんな育ち方をしたら、

ここまで行っちゃうのって感じで興味引かれませんか?

 

 

警察はこの異常なまでの自己顕示欲を

逆手にとって犯人を追い詰めていく。

 

 

 

こういう原稿書きながら、

オレってサイコパス?って時々思うのです。

 

 

 

俺の腹の底にも、心の闇がこぼれたインクのように

ジュワーっと広がりつつあるのでしょう。

 

 

サイコパスだからといって、

殺人や傷害を起こすわけじゃないですが。

 

 

  でも、やっぱり普通じゃないですね。

 

 

企業のトップとかに結構多いらしですよ、

サイコパス。  もしかしたら、オレも会社のトップに、、、?

 

 

 

いやいや、順番が違いましたね。

 

 

実力があってトップに登り詰めた人を

調べてみたらサイコパスチックな性格だった、って事ですね。

 

 

別にサイコパスだからトップに君臨できたわけじゃない。

 

 

 

  とはいえ、この君臨の響きが、

サイコパスと通底しているように思える。

 

 

 

ホラー映画に話を戻しますね。

 

 

この歳になると、ゾンビ、幽霊だと、もう物語なんですね。

 

 

映画としては面白いですけれども、

リアルさがない。

 

 

お化け屋敷の延長になっちゃう。

 

 

やっぱり人間の中に潜む得体の知れないもの、

というのに魅かれるのです。

 

 

まさに人間の腹の底に横たわる、心の闇とホラーです。

 

 

この前、会社帰りの電車で携帯をいじっていたら面白い物を見つけました。

 

 

佐川一政のインタビューがYouTubeで普通に残っているんですね。

 

 

 

  ちょっとびっくりでしたが、つい見入ってしまいました。 

 

 

小学校4年生からすでにカニバリズム(人肉を食する)

の欲求が出ていたらしいのです。

 

 

同級生の女の子のスカートからでている

白い脚を見て、食べたいと感じていた。

 

 

どうですか?

 

 

 

もし、電車に乗っていて、

隣で携帯電話をいじっている中年男性が、

あなたの脚をチラチラみながら、

おいしそうな肉付きだとほくそんでいたとしたら。

 

 

 

佐川一政はビデオインタビューでは

フランス人の女性を殺害してから、

逮捕、日本への強制送還、精神病院への入院等、

すべて自らの言葉で解説している。

 

 

 

今でも、いつなんどきカニバリズムが

自分の中で発症するかわからないって本人

が言っているのです。心の闇から抜け出し切れていない。

 

 

 

生まれつき、心の闇をかかえているのですね。

      【広告】

正直といえば正直です。

この手の人の内面って、

ものすごく知りたくなりませんか? 

 

 

 

ちょっと放っておけない。

 

  檻の外から棒でつっつきたくなる珍獣みたい。 

 

 

指を入れると瞬間的に鋭い牙でもって

いかれる。

 

この佐川一政という人、

身長150センチと小柄で、

痩せ型で、おでこが広く、

宇宙人みたいな外観なのです。 

 

 

 

不謹慎ですが、カニバリズムが良く似合うのですね。

 

 

カニバリズムをダイレクトに罰する法律は無く、

死体損壊をあてはめる。 

 

 

 

食べた、食べないではく死体に

危害を加えたかどうかという観点なのです。

 

 

 

この人にとって殺人は本来の目的でなく下準備。

 

 

人間を食べたいのなら、

まず誰かを殺して肉にしなければならない。

 

 

だから殺した。

 

 

 

同じ殺すでも、大金を持っている老人

の殺害って新聞でよく取り上げられます。

 

 

 

殺してから金を奪うか、奪おうとしたら見つかってしまったので殺したか。

 

 

いずれにしろ殺人はもともとの目的ではない。

 

 

しかし、奪う物が肉か金かで、だいぶ空気が変わってきます。

 

 

人肉は、やっぱりホラーですね。

      【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*