高齢者ドライバーによる事故の撲滅!

Pocket

「やっちゃえ日産」とかってイキがってばかりじゃなく、
現状の問題解決に人肌脱いでくださいよ、日産!
高齢者の自動車事故を削減してくださいよ。
テレビコマーシャルで各自動車会社は競って自動ブレーキシステムや
自動運転システムを宣伝していますね。
ハンドルから手を離しても車線からはみ出ることはない。
物にぶつかる前に、確実に停止する。
アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する。
日産セレナの華やかなコマーシャルフィルムからは、若者どうしの楽しい旅行や
家族団欒の微笑ましい雰囲気が伝わってきます。




この技術を高齢者による自動車事故の撲滅に役立てるのは会社の販売戦略から乖離してしまいますか?
「車をもっと楽しく!」の雰囲気からはだいぶ外れてしまいますものね。
でも、昨今の高齢者の自動車運転事故を考えると、何とかしてあげたいのです。

認知症を患ったドライバーが引き起こした事故は、本人だけの過失とは言い難いように思えます。
とはいえ、通学途中の幼い児童に突っ込んで死傷者を出したとあれば、その被害者のご家族はそこまで寛大な気持ちにはなれるはずもありません。

 80歳を過ぎた私の父親も、遂に免許書を返納しました。
身分証明書代わりになるなど、別の用途があるとって更新を続けてきましたが、
ついに決心したようです。
どうせここ数年、運転する姿など見かけることもなかったし、実質上ペーパードライバーだったのだから、というほど、本人にしてみれば軽い決断ではなかったようです。
現役ドライバーの間、ずっと無事故無違反を貫いてきた自負もあって、「普段乗らないとしても、いざとなればオレだって」的な思いも少なからずあったようです。

最近の自動車事故で報道された老ドライバーの方々はいったいどんな覚悟で運転免許証を更新し、
実際にハンドルをにぎっていたのか?
幼い子供の命を奪ってしまった事故が実際あったのだから、
そこはしっかりと把握しなければなりません。




安全を守れる能力が自分にはあると確信していたのかどうか。
ドライバーの皆さんはご存知ですよね。
運転免許証の更新が、肩透かしを食らうほど簡単であることを。
たとえ認知症を患っていようか、視力さえ保てていれば一発OKですから
しかも、視力検査をするのは更新受付窓口の職員さんで、医者ではない。
こっちの回答が怪しい場合には、少ながらず手心を加えてくれます。
ましては、違反・事故によってゴールドカードなくなったドライバーは、
講習ビデオを少し長めに見せられるだけ。
免許証をはじめて取得したときのようなテストをもし実施するとしたら、認知症の患者さんは確実にそこでふるいに掛けられるでしょう。
それなら、ブレーキとアクセルの踏み間違いは?
うっかりミスはどうやって防止するの、とつっこまれそうですよね。

一番簡単なのは年齢制限でしょう。
80歳までしか自動車は運転できないとか。
でも公共の交通網が発達していない地域だと生活しづらい。
バスも電車も、午前1本、午後1本とかだったらどうにもなりませんね。
そもそも80歳がいいのか、75歳がいいのか、個人差にもよります。
それなら年齢での縛りではなく、脳年齢を設定するなどはどうなのでしょう。
MRIとかで脳の年齢を厳密に検査して、この人はOK、このひとはダメ。
まず間違いなく、人権侵害で認められませんね。
この問題、かなり底が深いのです。
八方ふさがりなんですよ。

だからこそ車そのものを安全で身近な道具に変えられるのは自動車会社しかない。それも日産自動車のような老舗で、基礎実験に正面から取り組んでいる会社。
たとえ現役ドライバーのときにゴールド免許だったとしても、80歳を過ぎて子供をひき殺してしまったら、その先どんな気持ちで生きていけばいいのか?
当然、裁きは受けるでしょうが、それだけで気持ちが片付くわけはありません。
一生自分を責めて、苦しみ続けなければならない。

そんな事故が二度と起こらない仕組みを政治が築きあげられないなら、
産業会がやるしかないじゃないですか。
地味すぎて、若者の購買意欲をくすぐるものから完全にかけ離れてしまうのは100も承知です。
でも今の若者は見ているところは見ているんですよ。
年寄りが安全に乗りこなせる自動車を作ってください。ガンバレ日産!やっちゃえ、日産!




Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

高齢者ドライバーによる事故の撲滅!” へのコメントが 2 点あります

  1. 高齢者用の三輪バイクを普及させればいいのではないか?
    スピードも最速40キロ程度。原付免許で乗れる。
     屋根付きで小型車。雨風しのげる。
    もしも事故が起きても、最小限にとどめられる。
    4輪の車ですと、凶器に変わるし、高齢者には危険。
    2輪車ですとバランス感覚が難しい。

  2. 鴨川燕さま
    コメントありがとうございます。
    三輪バイクで制限速度40キロは妙案ですね。
    免許証の返還には、お年寄りの方にも抵抗がありますから、三輪バイクの免許で妥協してもらい、かつギリギリ安全速度の40キロは最高と思います。今度ワタシのブログでも、アイディア拝借させてください。
    また貴重なコメントをお願いします。
    戸田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*