いじめにあったら声を出せ!いじめの証人を作るのが根絶の一歩だ!

Pocket

いじめに気付かなかった?

 

いじめを苦にした子供たちの自殺が後をたちません。

「助けて!」の内なる声を書き残し旅立ってしまった子供たち。

虐めはなぜ根絶できないのか?いじめの原因は何なのか??


 

息子、娘に先立たれたご両親の気持ちを考えると本当に居たたまれません。

中学生、高校生といったら人生これからじゃないですか。

そんな子供たちを自殺にまで追い込むいじめ。

この世から消えたいと、自らの手で命を断っていくなんて悲しすぎる。

これ、殺人ですよ。

 



新聞、テレビのニュースを観ているとよくコメントされます。

「近くにいた友達、学校の先生、何とかできなかったの?」と。

 


いじめを止める事は出来なかったとしても、

異変に気づき、心の病を疑って精神科病院を

受診させていれば最悪の事態は避けられた。

 

でも学校は口が裂けても、いじめに気付いていたとは言えないのです。 
 
 
 
だって『いじめ防止対策推進法』が制定されていますから、気づいて何も対策していなかったとしたら法律違反なんです。

いじめが犯罪行為と認められるときは警察署と連携して対処すること、と決められているのです。

ましてや、いじめられていた子供が自殺などしてしまったら、とてつもない処罰が待っているわけです。

内心、自殺するくらいならいじめの主犯格と殴り合いの喧嘩でもしてみれば、と他人事扱いの教師もいるのです。

 

 

 誰か一人を選んでいじめがはじまる

 

何を理由に一人の子供をいじめの対象として選んだのか、

それなりの理由はあるのでしょう。

 

 

                              【広告】

 

いじめられる子供には共通する特徴があるといいます。

① 空気が読めないタイプ。

② なにをやらせても不器用で、グループの足を引っ張るタイプ。

③ 個性が強すぎて、目立ちすぎるタイプ。日本のような平均好きな社会では叩かれてしまうのです。

④ いじめても反抗してこない、声を出さないおとなしすぎるタイプ。 
 
 
 
 
 
一方で、虐めをする子供の方も心の問題を抱えている場合が多いのです。

はっきり言って、不良です。
 
 他人を いじめる事が、その不良の子にとって自己防衛の手段として機能しているようなのです。
 
  
人をいじめる事で歪んだ精神をかろうじて保っているのです。

 

いじめておいて、苦しんでいる様を優越感をもって眺めているのです。

他人の不幸は蜜の味、と通底するものがあります。

 

この、いじめをする主犯格の子供はとてつもなく大きなストレスを抱えています。

 
  家庭環境が悪く、両親から愛情を注がれずに育った子供であることが多いのです。

そして、今なお、劣悪な環境化での生活を強いられている。

 
  付き合う友人も、夜な夜な繁華街をうろついたり、

ゲームセンターに入り浸ったりのチンピラ予備軍のよう者ばかり。

 
 人の不良さ加減はエスカレートし、精神はますます歪んでいくばかりです

 

 

勉強になど興味を注げるような生活環境ではない。

 

気持ちがギザギザに尖ってしまって他人に優しくできるような精神態ではない。

 

まさに心の病にどっぷりつかつているんです。

 

医療としてのカウンセリングが必要なんです。

 

この問題は学校とか教育委員会みたいな教育機関じゃびくともしないんですよ。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*