自信の欠如が妄想を生み、心の均衡を崩壊させる:逃亡生活に蝕まれる精神

Pocket

こちらを見ている!

 

薄く開かれたドアの隙間から覗き込まれているような感覚。

屋根裏から天井に耳を押し当ててこちらの様子を盗み聴きされているような不安。

車の後部シートに身を潜め、オレの首にロープを引っ掛けるタイミングを計っていると 脳裏をよぎる一瞬。

 

 こんな気味の悪い妄想に、四六時中、まとわりつかれたら精神が休まることはないですよね。

じっくりと追い詰められる恐怖なのです。

 

犯罪者が警察の捜査網をすり抜けて、遠方まで逃げおおうせたとしても、 次に待っているのは途方もなく長い逃亡生活なのです。

 

                     【広告】

 

注察妄想、追跡妄想にじわりじわりと精神が蝕まれてゆくのです。

 

完璧などない

別人に成りすまして生きていこうと整形手術で見た目を一変させたとしても、
心穏やかに居られることはないのです。

完璧などないことを自分が一番知っている。

5年、10年と警察の手を逃れているのだから、初動捜査には失敗しているにちがいない。

だとすれば、足がつくとすれば指名手配のモンタージュ。

整形手術で外見はかなり当時と違っているはず。

だとすれ、それ以外にどんな手がかりがあるというのだ。

犯罪当時の自分から今を連想させる手がかりはことごとく避けてきた。

知人を頼ることもせず、土地勘のある場所も全て避けてきた。

しかし、指名手配の裏情報があるのかもしれない。

犯人は心理的にますます追い込まれていく。

 

自信の欠如が妄想を生むのです。

 
  警察は全国から寄せられる情報から犯人の所在を割り出していく。

間一髪のタイミングで犯人をとり逃がすこともあるだろうが、見事に確保できることもある。

そして犯人の口から意外な言葉が漏れてくる。

 

逮捕してくれてありがとうございます

 

「逮捕されてほっとしました。これでぐっすり眠れます」と。

これだけ長い間、身を潜めて生きながらえてきたのに、今更なんだ、 と思うかもしれませんが、どうもこれは本当のようなのです。

偏見に満ちた世界観で、平和のための犯罪だと自らを鼓舞した勢いはもはや無い。

重大な犯罪を起こすような人間だから、もともと粗い精神構造で出来上た人なのかもしれません。

そんな人間ですら、たっぷりと時間をかけて追い詰められてくると、歪んだ精神ながらもこたえる。

逃亡生活が精神を蝕んでいったのです。

しかし注察妄想、追跡妄想はもっとお手軽な犯罪者に対しても、絶大な力で襲いかかるのです。

 

          【広告】

数百円たらずの万引き

うまくスーパーマーケットの出口を通り抜けて帰宅できたとしても、誰か知り合いに見られていたのではないか、防犯カメラに映ってしまったのではないかと自信がない。

それをネタにいつか脅しを掛けられるかもしれないと、びくびくしはじめる。

 

小説や論文、作詞、作曲の盗作なんかの場合は、どこかに原作を知っている奴がいやしなかと 気がきではない。  彼らの深層心理は、時間がたっても安堵することはない。

不安を顕在意識としてかき消しては、浮かび、再びかき消す。

この連続が罪の意識を深く刻み込んで、注察妄想、追跡妄想がいよいよ身に沁みてくる。

もはや良心の呵責で心が痛むのではない。

注察妄想、追跡妄想が寝ても覚めてもまとわりついてくる。

観られていること、追い詰められていることが恐怖なのだ。

そうしているうちに幻聴や幻覚が発症する。

いい加減にしてくれ、もう、耐えきれない。

じっくりと追い詰められる恐怖に苛まれ、心の均衡が崩壊する寸前で家族に打ち明け、 警察に出頭することになるのです。

 

 

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*