無能な管理職のコーチング|部下に耳を傾けてモチベーション上げるだけ

Pocket

部下に耳を傾ける上司

 

部下の言い分に親身に耳を傾けてくれる上司って魅力的に映りますよね。

一回り以上も年上で、経験豊富な上司ですから、有り難いことです。

  頭ごなしに意見するわけでなく、部下の育成の為に否定的な言葉を差し控え、話しを遮ることもなく言い分を穏やかに聞いてくれる。

懐が深い、器が大きい、人間ができている、そんなふうに映るのも もっともだと思います。

 でもね、あなたの話に耳を傾けていてくれるその上司は腹の底で何を考えているんでしょうか?


一度、
じっくり上司の様子を観察してみてくださいな。

 あなたの話でなくても構いませんよ。

同僚が上司に相談しているときの様子でもじっと観察してみてください。

        【広告】

上司の様子はまるでマニュアルどおり

 

「あなたの意見は、ちゃんと聞いているよ」とばかりに適度に相槌を打つ。

要所要所で相手意の言葉を繰り返す。

「、、、どうしても下請け会社が生産量を調整してくれないのには、本当に困っているんですよ」と部下が相談します。

「なるほど、下請けが生産調整をねえ、、、。」と上司は心配そうな表情で部下の顔を覗き込みます。

でもその上司、腹の底では「プロセスなんかどだっていい!結果を出せよ、結果を!」と思っているのですよ。

でも、そんなことはおくびにも出さず、部下の言葉にじっくりと耳を傾ける。

これはコーチングというある種のマインドコントロールに似た技術で「部下のやる気を引き出したり、モチベーションを維持させたり、一段上の仕事に挑戦させる」、その為に考案された心理操作の武器の一つです。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*