日本人がカモられる原因|交渉の弱さから脱却するために外来種を混ぜる

Pocket

日本人がカモられる原因

日本人はなぜ外国で、もしくは外国人にカモにされるのか??

分かりやすいのですよ、日本人が考えている事が。単一民族で、足並みが揃って、常識を重んじ、推して知るべしの世界観で生きているじゃないですか。

先天的な欠陥でも抱えていない限り、まず突飛な行動に出る奴はいない。 

真面目で、正直、約束した事は当然のように全力で守りにくる。

こういうところが、カモられる原因なのです。


たまにゃ価値観、思考回路、判断基準、主義主張の
異なった奴を混ぜない事には、いつまでたって交渉の弱さから脱却できやしない。
 

おまけに、すぐに謝るでしょ。

外国では、謝ることイコール罪を認める事じゃないですか。  日本人は罪を認めて謝っているのではない。


マナーとして、スミマセンと言ってしまうのです。
更に謝られたからには気持ちよく水に流そう。

ハイ、これもダメ。

始めから相手の弱みにつけ込んで交渉を有利に運ぼうとする外国人にとってみれば、甘っちょろいとしか思えない。全然リスペクトなんてしてませんからね。

これじゃあ、日本人がカモられても自業自得ってものです。

心の底に弱みでも抱えたかのような、争わない、文句をつけない、そういう人の良い文化なのです。
 
この島国に脈々と受け継がれている単一民族の弱点、すなわち世界相手に戦えないカモられる文化なのです。

     【広告】

いくらビジネスだとはいえ、こんな行儀のよい人たちに、 常識を覆す斬新なアイディアを求める方が無謀というものですね。 騙して食いつかせる、気がついたらもう抜けられない蟻地獄なんて思考の範疇には存在しない。


まるで日本人はカモられるのを待っているかの如くなのです。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*