勘違いに癒しの効果が!自分を笑えるようになれば大丈夫

Pocket

ボブディランをめぐる勘違い

 

ボブディランがノーベル文学賞受賞後、しばらくして沈黙を破りました。

彼は大人でしたね。

彼のあの心の広さで癒された人もいらっしゃるでしょう。

光栄だと受賞を手放しに喜んで見せ、 アカデミー文学賞の選考委員らはほっと胸をなでおろした事でしょう。

村上春樹応援だったワタシ自身の心の反応といえば、 軽い落胆、次に戸惑い、そして何だかよくわからん、だったのです。

クーッ、また受賞逃したか、と落胆し、 なぜボブディランなのだと受賞理由を新聞で読むも全くピンとこないのでした。

                                 【広告】
 

 

そしてワタシの頭の中ではガロの『学生街の喫茶店』が繰り返し鳴り響いている。

まるで幻聴のように、聞きたくないのに繰り返し繰り返し聞かされている感じでした。

なんでこんな曲がアカデミー文学賞なんだ!と。

そして、しばらくしてから自分の中のもう一人の自分がボソッとつぶやいてきたのです。

「オマエ、勘違いしてるよ、それってガロの曲だよ」と。

 

「ガロの学生街の喫茶店だと!」

確かにその通りなのです。

ワタシはボブディランの曲を、ただの一曲も知らないのです。

まったくの勘違い男でした。

 

でもなぜか楽しいのです。

自分で自分を笑ってしまった。

 

勘違いに癒しの効果があるとは!

この瞬間に、ノーベル文学賞に村上春樹氏が選ばれなかった事への悔しさが消えてなくなったのです。

勘違いでも、なんでも、自分で自分を笑えるようになれば、大丈夫なのです。

 

病院での勘違い

 

8月に腰を痛めてから整形外科に通っています。

痛みは腰から、尻、ふくらはぎへと拡大し、ビリビリと痺れる。

仰向けに寝て左脚の下にクッションを差し込み、ある一定の体形におさまったとき、 激痛がウソのように消えるのです。

整形外科の先生が言うには、椎間板ヘルニアに近い症状で、 飛び出た神経に何かに接触すると痛みが発するとの事。

 

「神経に接触しない体勢が見つけられれば、そこで安静にしていれば、それでよろし」 と言うものの、人間同じ体勢で丸一日いられるわけがない。

激痛と戦いながら、四っんばでトイレに行くのです。

処方された鎮痛剤は座薬、朝晩をそれぞれ1回と、昼に飲み薬。

座薬は飲み薬よりも効き目が早く、数分間で痛みが癒されるのです。

 ブロック注射というものもあるらしいのですが、自分では打てない為、いちいち病院まで行かなければならない。

 

従って、自分で対処できる、飲み薬、湿布、座薬を選択したのです。

座薬を初めて試したのですが、これがなかなか手ごわい。

ピストルの弾丸みたいな形をした純白色の薬で腸で溶けて吸収されていくらしいのです。

 

指の先で肛門に押し込むと、一応は入っていくものの肛門が外に押し出してくる。

洋式便器にまたがって、中腰の姿勢で押し込んではまた戻される。

 

そんなことを繰り返しているうちに、座薬がだんだんと溶けて外形が細くなってくる。

細くなるといよいよ、押し戻す側に有利になる。

 

もうこうなったら、奥の奥まで押し込んで指で蓋をして、じっくり待つしかない。

 やっとの思いで座薬を吸収されるのでした。

 

勘違い女

そんなたわいもない会話を会社の昼休みにしていたところ、直腸検査を数か月前に受けたばかりという女性社員が肛門話に花を添えてきました。

20代前半の、うら若き女性か肛門話しを買って出るとは、サービス精神旺盛な事です。

 

  大学病院の担当医は40代前半の落ち着いたダンディー。

 

         【広告】   

 

そのダンディーに勧められて直腸検査をすることにしたのだと言う。

直接カメラで見た方が確実だからね、と。

20代の乙女心は複雑に揺れ動くことになったのです。

カメラを肛門から挿入し腸の内側を目視で診察する。

患者自身もベッドに横たわって医師と一緒いモニターに映し出された 患部を看る事ができるという。

オレの座薬と一緒で最初はなかなか入っていかないらしい。

 

ダンディーの優しい声に促されて尻の筋肉に力を込めたり抜いたりしながら、 管のついた小さなカメラは腸の中に入っていく。

なんとも表現しえぬ気持らしい。

ダンディが言ったそうです。

 

「痛かったら痛いと言っていいんだよ」と。

 

「妙な気持ちになっちゃったわよ。痛かったら痛いと言っていいんだよだなんて。もーエッチな先生!」だと。

 まったくもっての勘違い女だ!

 

でも癒されるのです。

 

自分を客観的に笑えれば、それで大丈夫!!

 

      【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*