女のしたたかさ|女子高生とアイドルの賞味期限が過ぎたら美魔女へと逃げ込む

Pocket

オヤジの主張

おいおい、青年諸君、君たちみたいな若者が、アンチエイジングの50歳のおばちゃんに興味を持っちゃいかんよ。

彼女らの思惑はどうだかは知らないけれど、年齢的にはオレたちオジサンに釣り合っているんだ。

君たちも同年代どうしの女子と仲良くやりなさい。おばちゃんに色目をつかっちゃいかんぞ、っ!

 

 

女子高生というブランド

 

連ドラにしろ、バラエティーにしろ、テレビ局は誰をターゲットにして番組作りをしているかを考えてみると、女子高生あたりが一番にあげられますね。

番組制作側にとってみたら、女子高生あたりの反応は怖いでしょうねえ。

下手をすると番組そのものを終わりにまで追い込む力がありますから。

情報発信元としてはティーンエイジゃーは最強でしょう。

アイドルグループだって、女子高生が認めるものが流行として動き出し、席巻していく。

だから、TV局側も女子高生ウケするアイドルを仕立て上げる必要があるのです。

テレビ局に勤める 父親と女子高生の娘の喧嘩で、「誰のおかげで飯食えてると思ってるんだ!」と父親が怒鳴った。

あっけなく「あたしたちじゃねえ!?」って、あの独特のイントネーションで父親は撃沈されるのです。

彼女らは女子高生というブランドでとおっているのです。

しかし、彼女らも年間の高校生活を終えてしまえば、影響力は急激に衰えてしまう。

ブランド力の賞味期限は3年間なのです。

だが、TV局はそこで落ち着いてはいられない。

なぜなら、ブランド力を引っ提げた女子高生は次から次へと半永久的生まれ続けるからなのです。

 

  

       【広告】

アイドルとういう商品

 

『グループを卒業します』という表現が良く使われます。

以前はもっと直接的に『脱退』と言いました。

耳に優しい表現に変わっていっているのですね。

女性アイドルは鮮度が命ですから、回転がはやい。

27,28歳過ぎたら、もう出て行かなければお局様状態。

そのたびに脱退と言っていたら、グループ内の不仲説とか内紛説とか、 痛くない腹を探られかねないですから。

 

その一方で、『どこから見ても30代前半にしか見えない。でも実は50代前半』とかを謳い文句に、 アンチエイジングの化粧品やサプリメントを大々的に販売されています。

 27歳、28歳でアイドルとしての商品価値に値崩れが生じているのに、どこか矛盾を感じる。

「えっ、30代前半かと思った!!!と騒がれる美魔女50代。」とちやほやされるのです。

このあたりが不可解というか、女のしたたかさなのです。

 

 

         【広告】

 

 

女性アイドルの賞味期限

 

男性グループは30代でも40代でもアイドルやっているじゃないですか。

SMAPは解散してしまいましたが、嵐だって30歳こえていますし、TOKIOは嵐よりも上。

男性アイドルには年齢制限がないのに、 女性アイドルは見えない年齢制限にさらされている。

一種の賞味期限のようなものがアイドルには宿命的について回る。

でも逃げ道がないわえでは決してないのです。

松田聖子さんも、小泉今日子さんも、元アイドルであって現役のアイドルではないのです。

 

あのあたりが、美魔女の走りなのでしょうか?

女性の場合、長期で芸能界に居座ろうと思うなら、アイドルの次の一手としてしたたかに美魔女を狙わなければあらないのです。

大人の女性は大人として売らないと無理が出てくるのでしょう。

アイドルとアンチエイジングの間をどうやって繋いでいくかが問題なのでしようね。

 

おじさんたちの切実な願い

 

ここで、ワタシたちおじさんには切実な悩みが出てくるのです。

10代後半、20代前半の男性が50過ぎの女性に熱い思いを傾けると思いますか?

傾けるのですよ、最近の若い男は。

自分の母親くらいの美魔女熟女にハマっちゃうのが。

マザコンとまでは言いませんが、ちっといやらしさが滲んでいる。

それで、さらにムカつくのが、こぎれいなおばさん(美魔女のことですが)も、まんざらじゃないんですね。

若い人のエキスを吸って、もっと若くなる、なんてほざている。

俺たちオジサンはどうすりゃいいんんだ!

 

      【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*