アンチエイジング|美を追求する女優・年には勝てない素人

Pocket

アンチエイジング

 

私見ですがアンチエイジングといえば女優の吉永小百合さん。

あの人は超人ですね。70歳ですよ。

 

美貌・スタイル健在の65歳の由美かおるさんも、70歳の十朱幸代さんもいいですが、やや人工的というか、手間が掛けましたって感じがするのですね。

 

アンチエイジングと美を追求するのが女優の使命なのでしょう。

とはいえ由美かおるさんは逆に若すぎる。

 

35歳くらいまで遡ろうとしちゃっているように思えるのです。

実際、非の打ちどころがない。

そこが逆にヌルッとしたヌメリ感をおぼえさせる。

一方、男性のアンチエイジングといえば郷ひろみさん。

高須クリニックの技術力総動員みたいな。

悪く言うとちょっとグロテスクですが、  場を盛り上げるためのプロの一手段と割り切っているのでしょう。

悪口だと、自分でも不思議なくらい幾らでも出てくる。

叶姉妹は、最後の悪あがきとか、屈折した自己肯定みたいな感じです。

美しさを追求しようとしたら、ダイエット、白髪染め、肌艶、ほうれい線、しみ、目じりあたりのたるみと相当な対策を施しているのでしょうね。

 

やっぱり、吉永小百合さんは自然体でいい。

水泳とスクワットを日課としていると書いてありました。

自分を知っているというか、素材の美しさを生かしているというか、無理をしていない。

若者に混じって同化しょうとかいう魂胆めいたものが感じられないのです。

 

そういうお前はどうなんだ!とお叱りを受けそうです。

はい、素人の私の場合は、見た目も、足腰の弱り具合も歳相応に順調に老けていってます。

実年齢よりマイナス5歳が理想で頑張っているのですが、、、。

 

素人は年には勝てない

 

年には勝てないと言うけれど、ただ流されていくのもしゃくですね。

アンチエイジングにはさすがに抵抗がありますが、  ちょっとは意地を見せたくてジョギングや水泳なんかを始めてみたりするのです。

走っているんだか、歩いているんだかわからないスピードも仕方いし、  不恰好なランニングフォームも重々承知しているのですよ。

だって素人で、かつ年なのだから。

 

         【広告】     

 

ランニングコースにしゃれたパン屋があって、  道にそって大きな透明なガラス張りになっているのです。

 

 中に陳列されたパンに引かれて客を呼び込むのでしょう。

美味そうだなとガラス越しに中を覗こうとしたとき、  その大きなガラスにオレのランニングフォームが映ったのです。

腹と尻が出てて、アゴが苦しそうに上がった中年オヤジがもがいている痛々しい姿です。

衣類が派手でないことがせめてもの救い。

ランニングコースの途中にある横断歩道の信号機。

赤になるたびにシャツの裾を下に引っ張る。

走るほどにめくれ上がり下腹が露出してくるのです。


 これも健康維持だと、情けない気持ちを抑えこみます。

息は上がり、両脚が重い。

正直いって、辛すぎる。

年には勝てないなと実感するのです。

少し歩くか、と歩行に切り替える。

ジョギングよりもウォーキングのほうが脂肪燃焼には効果があると誰かが言っていたし。

2~3分もすると、息がだいぶ楽になり、酸素が脳に行き渡り、急にいろいろな事が浮かんでくるのです。

 

青春時代は遥か昔だが、夢は捨てないぞ

 

前触れもなく『陽はまた昇る』が浮かんできたのです。

谷村新司。

ウォーキングで余裕が出てきた分、メロディー付きで浮かんできました。

「夢を削りながら年老いて行くことに気がついたとき、初めて気付く空の青さに」見事な歌詞だ。

ノスタルジック感がハンパないです。

これを書けるなんて、並の才能ではない。

 

 

         【広告】

 

イヤイヤイヤ、ダメダメ、オレにはまだ早い。

この歌って、赤いちゃんちゃんこ手前あたりの人の歌でしょ。

肉より魚、こってりラーメンより、ざるそばの人たち。

体力、気力だけじゃなくて、内臓まで年には勝てないと悲鳴を上げている。


いずれ近いうちに、オレもそうなるけのけど、まだ早い!

夢の大半は諦めたけれど、そんなに老け込んだつもりもない。

嫌いな歌というわけじゃないけれど、我が身に重ね合わせると、ここまで萎んでない。

オレの輪郭のほうが2回りくらいデカイぞ、と。

この歌詞には、どことなく、老いて朽ちるみたいな雰囲気が漂っているんですよね。

せめて、森田公一とトップギャランの『青春時代』くらいにとどめておきたい。

「青春時代が夢なんて、後からほのぼの思うもの、、、」

そうなんです、

青春の真っただ中にいるとき、青春のすばらしさに気づいている奴なんていないんですよね。

『青春時代』のメロディーはたいしたことないけど、歌詞はいいですよね。

うん、谷村ほどではないけど、森田ならしっくりくる。

だって、トム・クルーズだって、あれで54、5歳でしょ。

イーサン・ハントは空を見上げて、これまで諦めてきた夢をしみじみ思い出したりしないですから。

空の青さなんてサングラスかけちゃうから気にも留めない。

オレだってたまにはウイスキーのストレートだって飲んじゃうからね。

       【広告】

関連記事

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*