相模原・津久井やまゆり園大量殺人・植松聖を退院させた医師は誰?

Pocket

 

『精神保健指定医』の資格の取り消し

 

聖マリアン医科大学病院での不正を受けて、

厚生労働省が『精神保健指定医』の

資格の取り消し処分を決めました。

 

 

精神保健指定医とは、

精神障害者が犯罪に関わる恐れがある等の異常事態に際して、

かれらを強制的に入院させる資格を持った精神科医のことです。

 

        【広告】

 

今年8月、神奈川県相模原市で起きた精神障害者殺人事件犯人、

植松聖を事件のおよそ半年前に、

言動の異常から危険人物と判断し措置入院

させた事でも知られていますね。

 

 

植松聖の例で言えば、2月19日、

危険人物と特定し本人の医師とは無関係に、

強制的に拘束・入院させた医師(2名の判断が必要)の事です。

 

 

更に、この措置入院を解除して退院の許可を与えるのも

、同様に精神保健指定医(一人の判断)でなければなりません。

 

 

 

その措置入院および退院を司る資格が、

不正に与えられていたとうのです。

 

 

植松聖を退院させた医師は誰?

 

植松聖は、措置入院後の検査で尿から

大麻の陽性反応が確認され、

措置入院の判断が正しかったことを裏付けていますね。

 

 

 

ところが、それからわずか2週間で

措置入院は解かれ、退院してっています。

 

 

 

上記のとおり、この退院判断も

精神保健福祉法に基づき指定医が下しています。

 

 

確かに、大麻の陽性反応が確認されても、

大麻の所持が認められなければ逮捕する

ことはできないのが法律です。

 

 

しかし植松聖の言動から、

大麻に限らず危険ドラック等の所持が

考えられると推測できるのです。

 

 

退院の判断をした医師はいまだに公表されていません。

 

 

精神保健指定医という称号

 

今回の聖マリアン医科大学病院での不正の原因として、

症例確保が困難である為であったとしています。

 

 

なにせ、本来、精神保健指定医の資格を得るためには、

医療観察法1例、統合失調症2例、気分障害1例、

中毒性精神障害1例、児童思春期症例1例、

老年期精神障害1例、器質性精神障害1例の提出が必要なのです。

 

 

 

精神保健指定医とは、法律違反をしていない

人を強制的に拘束して精神病院い叩き込む

資格をもつわけですから、

これだけの知識を求められて当然じゃないですか。

 

 

 

      【公告】

 

過去のケースレポートを使い回したり、

担当医でもないのであたかもカンファレンスに参

加していたかのようなふりをして

レポートを作成する精神科医とは、どんな人?

 

 

精神保健指定医を称号のようにとらえている。

 

 

精神科医として箔が付く。

 

 

だいたいこんなところでしょう。

 

 

植松聖が、周囲からなめられないようにと

背中一面に刺青を入れたようなもの。

 

 

 

名乗りでろよ!

 

以前、警察関係者へのインタビュー記事で、

こんな発言を聞きました。

 

 

「警察が捜査を進めるうえで一番、

非協力的なのは一部の医師である」」と。

 

 

決して、医師のすべてが非協力的であるなどとは言っていません。

 

 

ある一部の医師は、守秘義務を盾に警察に挑んでくると。

 

 

わかって欲しいいのは、

指名手配の容疑者は守秘義務の対象外であること。

 

 

医師であっても犯罪があると思われた場合は、

告発とうい手段で警察に協力できること。

 

 

ましてや国立病院の医師は告発が義務とされているのです。

 

 

今回の厚生労働省の決断で、

植松聖を退院させて医師があぶり出されるかもしれません。

 

 

もし、その医師の精神保健指定としての

資格が適正なプロセスで与えられたとしたら、

資格を与えるための条件は今よりももっと

難解なものにしなければ筋がとおりません。

 

 

 

その前に、自分から名乗りをあげて事情を説明しろよ!

 

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*