潜在意識は両刃の剣!潜在意識を食い物にされないために

Pocket

成功法の代表的な手法に潜在意識に刷り込むというものがあります。
潜在意識が受け止めることで、身体が成功へと無意識に動きだすのだと言います。
マーフィーの法則をわかりやすく解釈したものを私も何冊か読んで実践してみました。
やり方が甘かった為か、いまだに大金持にも、有名人にもなっていませんが。

      【広告】

この潜在意識とは、強い味方であると同時に、ひと癖あるのです。
両刃の剣。
そこに狙いをつけた質の悪い奴らが、潜在意識を食い物にしようと、
こちら狙っているのです。

目次
潜在意識は恋の女神か
マスコミの力
マインドコントロール
正しく生き抜くために
ティーンエイジャー

 

潜在意識は恋の女神か

 「明日のプレゼンはお前に任せた!」
そんな事、急に言われたって、と思いながらも自分の中で徐々にモードが変わってきたり、いつのまにかスイッチが入っていたりする事ってありますよね。
恋愛対象と思っていなかった人から告白されて、戸惑いながらもいつの間にか意識しだす。
気がつくとこっちにも恋心が芽生えている。
潜在意識が告白に反応して、少しずつ感情が変化していくというパターンですね。

 

マスコミの力

テレビコマーシャルなんかは、ある種のマインドコントロールで、潜在意識に商品を刷り込んで購買意欲をたくみに刺激してきます。
観たくなければテレビのスイッチを切れば、それまでですが、テレビ番組のここぞというタイミングでコマーシャルが入るのでテレビは切れない。
あれって、スポンサーがテレビ局の番組ディレクターに要求しているのでしょうね。
最近は、購買意欲以外に、企業イメージなどを植え付けにきますね。JTとか。
メディアが群集心理を煽り立てることもしょっちゅうです。
きっかけはなんであれ、流れの方向が固定されると容易には止められない。
青森県・黒石市の写真コンテストの入賞取り消しをめぐる騒動も、マスコミ報道で視聴者の心理が動いた瞬間、取り消しの撤回を発表しました。
すばやい変わり身、とその時は半ば呆れましたが、このくらいのスピード感で対応しないとあとあと面倒なことになります。
側近の正しい判断と感じます。

 

マインドコントロール

「人に言われて、初めて気がつく」という事も確かにありますが、ツボに入るタイミングを見計らって助言してくる・進言してくる、というほうが圧倒的に多いのです。
「スリルを味わえるのも若いうちだけだよ」といかがわしいいパーティーでドラッグ勧めてくる若いアンチャン。
「一回やってみればいいじゃん、物は試しっていうでしょ」と。
一度は断るが、相手はそれも想定内。
「みんな一度はやっているよ」
「生まれてから一度も経験したことのない感覚を味わえるからさ」
「在日の米軍基地とかだったら全然合法だし」
「アメリカ行ったら大学生とか、みんな気分転換くらいのつもりでやっているよ。本物のエリートのハーバードもイエールもさ。」
「騙されたと思ってチョコット吸ってみれば、オレの言ってる意味がわかるんだけどなあ」
少しずつ潜在意識に訴えかけていく。
「嫌だったら途中で止めればいいんだし」
一度使わせれば、二度目はもっと簡単。
二度使わせれば、三度目は更に簡単。
禁断症状が出るまで言葉巧みに繰り返しドラックを続けさせる。
禁断症状がでれば、次に人身売買の専門が登場してくる。

 「悪いことは言わない。俺の所に来いよ。全部面倒みてやる。これっぽっちの借金、何とかしてやるよ。心配するな」
と言われて裏社会に足を踏み入れてしまう若者。

 「今しかないですよ。今買って、来年2倍の値段で売れば、それで終わりですよ」と不動産のヤミ会社の従業員。訳有り物件をさばくのが専門。

 身の回りにはリスクがいっぱいなのです。
一度ひっかかったら、もう後戻りできないと、巧みな脅し文句でダメ押しをかけてくる。

「今、あなたが苦しみにあえいでいるのは、前世から受け継いだ負の遺産のせいなんですよ。これをまずは断ち切らなければ、楽にはなりません。うちの会では末期ガンの患者さんが2週間のお祈りで完治してしまったり、10年近くも車椅子生活だった人が急に立ち上がったり、原因不明の幻聴や幻覚の治癒など日常茶飯事ですよ」
こんなのは全部嘘ですから!
つまらない冗談も休み休み言えってところですよ。
それなら末期ガン患者だった人に医師の診断書を持たせて、連れてきてくださいよ、と言い返したくなる。

 

正しく生き抜くために

 

 こんな世の中で、どうまともに生きていけばよいのか、
親として息子のことが脳裏をよぎります。
「人を信じるな、人を見たら泥棒と思え」では実も蓋も無い。
人生これから、という人間に掛ける言葉ではない。

問題は無意識に誘導されてしまう場合ですね。
そこにも、良いケースと悪いケースがある。

恋の告白で、自分の気持ちが少しずつ見えてくる、気付き始める。
悪くないじゃないですか。
テレビコマーシャルで新しいパソコンが欲しくなる。

なにが新しくなったの?使ってみたいなあという好奇心。
悪くない。

       【広告】

 

米国大統領の最後の討論会、トランプ氏をヒラリーが圧倒。
トランプ氏の悪さ加減とクリントン氏の冷静な対応を、しっかりと自分で感じられれば、クリントン氏優勢の流れにのったっていいのです。
青森県・黒石市長が急転直下、取り消しを再び取り消した訳が推測できれば、世の中の政治家ってこんなものかと、裏読みも少しできるようになる。

 

ティーンエイジャー

 

10代の子供たちが、ぬるい環境で生きているわけではない。
死に物狂いで甲子園を目指す高校生。
試合の前に円陣を組んで、気合を入れる。
モチベーションが戦闘モードに切り替わり、鋭い眼で相手を威嚇する。
あまり報道されない高校性の部活でも、中をのぞいてみると半端なく厳しいのがわかる。
彼らには、それに耐える精神力が備わっている。
近頃の若い奴らはと、酒を飲んでくだを巻く中年サラリーマンなんかよりもよっぽど肝が座っているのである。
だが、ピユアなのです。
徐々に高まる感情、押さえ切れない情熱。
すれていない分、悪い誘導に引っかかりやすいのは事実なのです。
私たち大人は、どうすれば良いのか?

      【広告】

 

頼りになるのは本人が身に着けた判断力しかない。
問われるのは骨格がしっかりした家庭と、どっしりとした親の存在。
そこで何を培ってきたかにかかっている。
小手先の浅知恵など一切通用しない。
そして共に力を合わせて戦える仲間たちの存在。
具体的な指導などできないが、嗅覚を研ぎ澄ませて善悪を見極めてくれ。
どうか道を踏み外さず、まっすぐ進んで欲しいと願うのです。

 

>

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*