高畑裕太の発達障害・母親としての心配

Pocket

女優の高畑淳子さんの長男で、俳優の高畑裕太さんが8月23日に逮捕されましたね。

 

 

ホテル従業員の49歳女性に対する強姦致傷との事。

 

 

ネット検索で一通り事件概要を把握せせて頂き、素人ながら思うところを書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

目次

問題は衝動性
発達障害
母親としての心配

問題は衝動性

 

事件前のテレビ番組で「性欲が強い」との発言をされていたと聞きます。

 

 

 

男性ですし、天然キャラで売っていることを計算したうえで、話題のとっかかりとして述べたように思えました。

 

 

 

 

ただ、逮捕後の警察の取り調べでも「女性への欲求が抑えきれなかった。

 

 

性欲に勝てなかった」などと述べているとの事。

 

高畑裕太容疑者は、

「いつか衝動的な性犯罪を起こしてしまう!」

 

といった病感を抱えていたように思えるのです。

 

テレビ番組の収録で、天然キャラで場を沸かせながらも、自己処理できない爆弾を抱えつつ生きてきたのかもと。

 

 

 

 

セックス依存症というショッキングな見出しを掲げた新聞を目にしました。

 

 

 

依存症という範疇で考えると、今回の事件は行為依存ですね(物質依存とは異なる)。

 

 

 

薬物依存やアルコール依存などは物質依存といって、脳の神経機能がドラッグ・アルコールなしでは正常に機能しない状態の病気ですね。

 

 

 

行為依存は、パチンコ依存症、買い物依存症、ギャンブル依存症、セックス依存症などで、 それらの行為によって快楽が得られる病気です。

 

 

 

脳内にドーパミンが分泌されて楽しい気分になるため、 そのに依存という落とし穴が口をあけている。

 

 

 

高畑裕太容疑者の場合、恋人との性行為、もしくは互い合意の上での行為では満足できない状態だったようにも書かれていました。

 

 

 

襲いかかって、無理強いするところに快楽を感じると。

 

セックス依存症は深刻な病識ではありますが、少し調べてみると有名人の名前が出てきます。

 

 

  • 元米国大統領のビル・クリントン
    ゴフルプレイヤーのタイガー・ウッズ
    俳優のマイケル・ダグラス
    俳優のチャーリー・シーン

などなど

かれらは自ら病識があったゆえ治療に入っていっ行きました。

 

その病識は女性をレイプしてしまうかもしれないという自分への恐怖ではありません。

 

 

  • 家族に迷惑がかかるのを知りながらも不倫がやめられない
    仕事中に常に性行為が頭からはなれない
    違法ポルノから抜け出せない
    悪いことだと知りながら、それでもとめられない

そういう意味での非常に苦しい状態。

高畑裕太容疑者の衝動性に勝てなかったとは別物のように思えるのです。

 

 

単独での強姦犯罪は性欲を満たすというより、女性を支配するとうい側面が強いとも言われます。

 

 

 

男性としての自信の欠如。

女性との交際がうまくいかないという劣等感。

 

それらが原因で女性を憎んでいるという心理状態がベースにあって、ある瞬間に衝動的にレイプに及んでしまう。

 

 

性的欲求を満たすというよりも暴行に近い感覚。

 

ただし、女性への劣等感を払拭するという意味から表面的には性的犯行でなければならない。

 

 

発達障害

 

母親の高畑淳子さんは、裕太容疑者の子供の頃の発達障害を何度となく語っています。

 

 

 

事件前の親子でのインタビュー番組でも、裕太容疑者の奇行を発達障害ではないかと。

 

 

 

 

  • 学校の授業に集中できない、
    学校をさぼって近くのコンビニで雑誌を立ち読みする、
    何度注意しても治せない悪癖、
    誰がみても普通ではないし、何の得にもならない。

言い方は悪いですが、少し頭のネジが緩んでるんじゃない?的な行為ですね。
たぶん軽い発達障害に当たるのではと思えます。

 

 

 

 

でも、この程度の人、結構いますよね?

 

頭が悪いとかじゃなくて、自分の行動の意味をさほど深く考えずに、愚行に走っている子供。

 

 

 

 

でも、セックス依存症を強姦で満たす、というところが 悲しいかな発達障害にみえてしまうのです。

 

 

 

きれいな表現で、”性欲が強すぎるのが悩み”、 実際のところはセックス依存症、だったとします。

 

 

 

 

それを理解できていて、自己コントロールが難しいと恐れを抱いているとしたら、 対処法としては、精神科。

 

 

 

 

衝動を抑える為の薬で暫く乗り切るしかないじゃないですか。

 

プロベラで押さえ込めばいいんですよ。

 

そこに行きつかないところが不可解。

 

大人としての思慮の欠如。

 

もしくは、”性欲が強すぎる”なんて言いながら、深くは悩んでなどいない。

 

 

逆に、女性にたいする劣等感を、”性欲が強すぎる”といきがってみせている。

 

 

母親の高畑淳子さんが、”この子はこのまま一人立ちして、生きていけるのだろうか”というた心配をされていました。

 

 

 

テレビ番組でそれを見ていた視聴者たちは、親バカだなあ、 裕太だって一人前いの大人だよ、と思ったのではないでしょうか。

 

 

 

 

でも、今になって、ああそういう心配をされていたのですね、と身につまされるのです。

 

 

母親としての心配

 

問題解決力がこの子には備わっているの?

 

これが、お母さんの心配のタネだったんではないでしょうか。

 

悩みがあれば、どこに相談すればいいか、解決方法を示唆してくれるのは誰なのか。

 

 

この子には自分で道を切り開く力があるのだろうか?

 

それが、テレビ番組での、発達障害発言だったのではないでしょうか?

子を持つ親の心配など、いずこも同じ。

 

幾つになってい子供は子供。

心配性は親バカの証拠。

普通はそれで済まされ、世代交代していくものなのですが。

 

 

テレビドラマ『ナオミとカナコ』で個性的な中国人社長役で独特の雰囲気をにじみ出して見せたた。

 

 

 

個人的な事で恐縮ですが、仕事柄、中国との付き合いがここ10年ほどで急激に増えました。

 

 

 

中国人のバイタリティー、狡猾さ、人脈こそが商売の基礎、そんな中国人気質と雰囲気。

 

 

 

誰にでもできる演技ではないですね。

 

あの中国人風の日本語って台本に書かれているのかなあ?

 

なんていう風に楽しく見させて頂きながら、 「きっとこ高畑淳子という女優の役の幅がいっそう広がるのだろうなあ。」

 

 

 

 

と思っていました。

 

仕事のオファー増えるだろうなあ。

 

息子も順調に伸びてきているし。

 

確か、娘さんも女優だったかな。

 

同じ家で生活していながらも、芸能人どうしの家庭にはスレ違いの毎日など当たり前。

 

 

 

仕事が波に乗れば乗るほど、心配は膨らんでいったのでしょう。

 

 

 

高畑淳子さんの、「高畑裕太は発達障害」の発言は、なにかあったら皆さま助けてあげてください、 という心の叫びだったように今思うと感じられるのです。

 

 

 



Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*